禁煙の向こう側

禁煙に関する有益な情報、実体験をあなたにお届け!

*

再禁煙から62日!2ヶ月が経過!便秘、疲労が改善!

   


また、ここまできました。
再度禁煙にチャレンジして2ヶ月。
3ヶ月目に突入です。

私が禁煙成功の定義としている禁煙半年まで、あと4ヶ月です。

正直まだ吸いたくなる瞬間はありますが、明らかに禁煙初期よりは、吸いたくなる頻度と、吸いたいと思ったときの気持ちは、弱まってます。

このまま3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月の壁を乗り越えたいと思います。

今回は2ヶ月の禁煙で得たたくさんの禁煙効果の中から、厳選して3つご紹介します!

2ヶ月の禁煙で得たものは、めちゃめちゃデカイです。

こんなに便が出るのか!禁煙恐るべし

禁煙開始2週間くらいの頃は、便の頻度が減ってしまい、便秘とはこういうことかと思いました。
あまり体験したことがなく、少し焦りました。

ただ禁煙から2ヶ月以上経過した現在では、ほぼ毎日、便が出ます。
たくさん食べたら、たくさん出ます。
ついこないだも喫煙時代にはお目にかかることのない量の便が出て、びっくりしました。
汚い話ですみません。

禁煙は便秘に対して効果的ということが分かりました。

便秘に悩んでいる方は、1ヶ月以上禁煙してみてください。
きっといい結果が出ると思います。

空咳、痰が出なくなった!

喫煙時代に、悩まされていた咳が減りました。
喫煙時代は、頻繁に喉がむず痒くなり、咳が止まらなくなっていたのですが、それが無くなりました。
咳は自分が思ってる以上に体力を使うため、助かります。
ひどい時には、咳のしすぎで腹筋が筋肉痛になったこともあります。
咳が減る、出なくなるというだけで生活の質が変わります。

また痰に関しても、ほぼ出なくなりました。
話しているときに、痰が喉に絡む感覚がなくなりました。
喫煙時代はクシャミや咳と一緒に痰が出てしまったこともあります。

禁煙して2ヶ月経過したいまではそんなことは起きません。

体力が増え、疲れにくくなった!

シンプルに疲れにくくなりました。
ランニングをしたあとも、日々の生活での階段の上り下りも、徒歩での移動も喫煙時代と感じる疲労が全く違います。

「疲れた」「だるい」などの言葉を発することが減りました。

仕事終わりの疲労感も、喫煙時代より、禁煙している現在の方が、明らかに少ないです。

脳の体力も、禁煙をしている現在の方がついている気がします。

スタミナをつけたければ、禁煙をお勧めします。

まとめ

再禁煙から2ヶ月。
私にできたんです。
あなたにもできます。

 - 禁煙2ヶ月〜3ヶ月