禁煙の向こう側

禁煙に関する有益な情報、実体験をあなたにお届け!

*

再禁煙から50日目が経過したぞ! まだ吸いたいが体調の良さを実感!

   


遂に再禁煙から50日間を迎えることができました。
日が経つにつれ、徐々に徐々に吸いたい気持ちは薄れてきています

ただ、まだ吸いたいか吸いたくないかで言ったら、吸いたいです。
じゃあなぜ吸わないか?
体調が良いからです。
小銭がたまるからです。
時間ができるからです。
理由を言い出したらキリがありません。

禁煙50日目を迎え、自分の何が変わったかをみなさんと共有します。

本当に体調が良い

朝起きてから夜寝るまでの体調の良さが喫煙時代と比較してまるっきり違います。

肩コリや背中のコリが減少しました。
また咳も減り、風邪もひきづらくなりました。
ジムでランニングしたときの疲れやすさも全然ちがいます。

言い出したらキリがないほど、全てがいい方向にむかっています。

もちろん離脱症状で眠くなったり、ぼーっとしたり、吹き出物が出たりしたときもありました。

ただ健康に向かって着実に進み始めているのは間違いありません。

欲求に打ち勝つ自信がついた

やはり1ヶ月以上禁煙が続くと、自信がつきます。
自分は禁煙を1ヶ月続けることができたという事実が自信をもたせてくれます。

やはり最初の3日間、1週間、1ヶ月を乗り越えると自分は欲望を我慢することができるんだと思えるようになります。

あと口臭や体臭も気にする必要が無くなりますし、咳も減ります。
禁煙をすることで生じるたくさんの要因が、あなたに自信をもたらしてくれると思います。

50日禁煙できた1番の理由

私は一度83日間で禁煙に失敗しています。
そして今回、50日間の禁煙が続くまでにも禁煙2日目や1週間などで何度も禁煙に失敗しています。

長期的に禁煙に成功するときと、すぐ失敗してしまうときの違いはなんなのか考えました。

答えは

意志

であることが分かりました。

やはり短期間で失敗してしまうときは、意志が弱いんです。
ちょっと吸いたくなったら、すぐに吸ってしまいます。
「一本くらいいいだろう。明日から再開しよう。」
とすぐにニコチンを摂取します。

これはロジックとしては、刑務所から出所した覚せい剤中毒者が、「最後にもう1回」と覚せい剤を使いまた捕まってしまうのと変わらないんですよね。

本当に辞めたいんですか?

辞めたくないなら、吸えばいいと思うんです。
明日からを繰り返していたらいつか私たちはいつか死んでしまいます。

さぁ一緒に禁煙の向こう側を見に行きましょう。

まとめ

雨が降るから虹がでる。
苦しさがあるから、喜びがある。
タバコがあるから、禁煙がある。

 - 禁煙1ヶ月〜2ヶ月, 禁煙雑学