禁煙の向こう側

禁煙に関する有益な情報、実体験をあなたにお届け!

*

タバコが肌にもたらす悪影響!喫煙者にニキビができるのは理由があった!

   

洗顔洗い残しタバコを吸って、酒を飲んで、夜更かしをすると、次の日決まって顔のどこかにニキビができてることありませんか?

私は不摂生が体にでやすい体質なのか、タバコを吸って夜更かしをした次の日は、必ずと言っていいほど顔のどこかにニキビができています。
もしくは咳が止まらなくなるなど、風邪っぽい症状も出やすくなっています。

特にニキビは喫煙の影響は受けやすいと感じてます。
友人と会社の同僚と、はたまた一人で、タバコを吸って飲んで、深夜に床につき、次の日起きると、顔にニキビができてることよくありませんか?
私は飲み会が連日続いたときなんて、100パーセントに近い確率で肌荒れを起こしますね。

経験上、絶対にタバコと肌荒れは関係あると思うんですが、どうなんでしょうか?

タバコを吸うと、美肌の元であるビタミンC・コラーゲンが失われます

タバコを1本吸うと失われるビタミン量をご存知でしょうか?
タバコを1本吸うと、ビタミンCが25mg失われると言われています。
成人男女ともに1日の摂取量として推奨されているのが100mgですから、タバコを1本吸うと推奨されているビタミンCの摂取量の内、4分の1を失うことになります。

ビタミンCは、主に以下の症状に役立つと言われています。

ビタミンCの効能

  • コラーゲンの生成
  • シミ・ソバカスの予防
  • 肌荒れの予防・改善
  • 免疫力の向上
  • 肝臓の解毒効果など

つまりタバコを吸うたびに、上記の効能とは真逆の影響を体に与えているということですね。
本当に恐ろしいですよ。
タバコを吸うたびに、肌を汚していると考えても大げさではないということですね。
せめて本数を減らして、日頃からビタミンCやコラーゲンを積極的に摂取するなどした方がいいですね。

いまは時代が時代なので、サプリメントなどで手軽に栄養が補給できるようになりました。
肌荒れが気になる方は、積極的にビタミンCを摂取しましょう。

タバコを吸うと血流が悪くなり、肌にも悪影響をもたらします

喫煙は栄養を破壊するだけでなく、血流も悪くします。
タバコを吸った後は、手足の先が冷たくなったりします。
タバコを吸うと血管が収縮するため血流が悪くなりますよね。

実体験として、タバコをたくさん吸う日が続くと、口元や胸にニキビができます。
これは血流が悪くなっているのだと考えています。
実際にタバコを数日控えてみると冷え性が改善されたりするので、ビタミンCやコラーゲンが破壊され、さらに血流が悪くなり栄養も全身にいきわたりづらくなってるんでしょうね。

血行というのは本当に侮れませんね。
人間の体はほとんどが血液でできてますから、血流が悪くなることをしたら肌だけでなく、健康全体に悪影響を与えるのは間違い無いですよね。

禁煙に興味がある方に最適!ニコチン0、タール0のフレーバーミスト!

禁煙は最初の3日間が一番きついです。
私も電子タバコにはなんども助けられました。
本当に吸った気になるんですよね。
体内からニコチンが抜けきるまでの、禁煙アイテムとしては最適です。

これぞ新感覚のミスト体験。
水蒸気(煙)はしっかり出るのに、ニコチン0、タールも0。
さらに全てのフレーバーにビタミンCが配合されています。
タバコを吸ってビタミンCを破壊している場合じゃないですね。
時代はどんどん進んでいます。
1週間、1ヶ月とこの習慣を続けたら、肌も体も大喜びですね。

こちらから詳細をチェックしてみてください。



 - 禁煙アイテム, 禁煙雑学