禁煙の向こう側

禁煙に関する有益な情報、実体験をあなたにお届け!

*

禁煙したら便秘になった?いつまで続くの?そもそも関係あるの?

   


禁煙してから便秘になったという話を聞きますが、これは幻想です。

最初の数日間は便の出が悪いと感じることがあると思います。
しかし安心してください。
1週間もすれば、むしろ喫煙時代よりも快便ライフが待っていると思います。
禁煙に成功すれば、かなり高い確率で朝起きた後、便意を催すようになると思います。

「禁煙と便秘」を結びつける人は結構いますよね?
私の周りでも、何人かいました。

私も少し気になって調べてみたところ、どうやら実際に「禁煙と便秘」は関係あるようです。

禁煙すると便秘になる理由

一説によると、ニコチンを摂取することで血管収縮作用が、胃腸の毛細血管を刺激し排便を促すという説があるようです。
私も喫煙時代は、確かに一服すると便意を催していた記憶があります。
ただ元々人間は、タバコを吸わなくても生きられる生物です。
ニコチンを摂取しないと便意を催さない状態が異常なのです。
タバコを吸わないと便意を催さない人は、タバコで腸の動きを活発にする癖がついてしまっているのかもしれません。
タバコを吸わないと便秘になるというのは幻想ですので、禁煙して本来の健康的な腸を取り戻してください。

最終的には禁煙した方が腸も健康に

そもそもニコチンは、悪玉菌の好物のため腸内環境を悪化させます。
悪玉菌が増えると便が硬くなり、匂いもきつくなります。
喫煙時代の便と、禁煙時代の便を比較してみてください。
質が違います。
匂いも違います。
喫煙時代の便の方が臭いです。
おならも同様です。
これはニコチンにより、腸内の悪玉菌が増加している証拠です。

ニコチンは、体内から3日間で完全に体外に排出されます。
ニコチンを摂取しなくても、便意を催すのが本来の健康な姿です。
禁煙してから、適度な運動と腸に良いとされる食べ物、納豆などの発酵食品を積極的に摂取し、本来の快便スタイルを取り戻しましょう。
まずは3日間の禁煙をなんとか乗り切り、体内からニコチンを出し切っちゃってください。
その後、便を出し切っちゃいましょう!

便秘で悩んでいる人におすすめのアイテム

【酵美爽茶】体のことを本当に考えに考え抜いた美味しいお茶で!ドッサリ感を追求!



禁煙が成功しているに越したことはないのですが、喫煙していても禁煙していても快便の方がストレスは溜まりませんよね。
便秘はうつ病とも関係があると言われています。
それくらい便は心身に影響を与えるものです。
当然、快便の方が良いですよね。
たくさん出た時のあのどっさり感をできるだけ多く味わいたくないですか?

いつものお茶や水を「酵素爽茶」に変えるだけで、快適などっさりライフが待っています。

80種類の酵素パワーで体の中から変わっていきます。

このどっさり感を一度試してみてはいかがでしょうか?

詳細はこちら!

まとめ

そもそも禁煙して便秘になったという悩みが本末転倒なんですよね。
小さい頃はタバコを吸わないくても排便していたわけですからね。
タバコがなくても、出るものは出ます!
ニコチンから自らを解き放ちましょう!
それでは快適な快便ライフを!

 - 禁煙 0日〜1週間, 禁煙アイテム, 禁煙雑学