禁煙の向こう側

禁煙に関する有益な情報、実体験をあなたにお届け!

*

受動喫煙、上等!自分で吸うより害があるって本当?アイコスなら害は無い?

   

自分でタバコを吸わない人が、喫煙者のタバコから出る副流煙や、吐き出した煙などを吸い込んでしまうことを受動喫煙と呼びます。

私は、正直、禁煙時代も喫煙時代もそんなに気にしたことはありません。
むしろ、禁煙していた時代は、副流煙がおいしくて、喫煙者に煙を吹きかけてもらうという、ある種のプレイをしてましたね。そうすると喫煙欲求がおさまるんですよね。

ただ巷での噂によると、自分で吸うタバコより害が大きいため、注意が必要と言われています。反省してます。そんな受動喫煙について今日は書いてみます。

受動喫煙って、自分で吸うより害があるって本当?

そんなことあってたまるか!と思いましたが、どうやら本当らしいです。

厚生労働省研究班の報告によると、

受動喫煙による、肺がんと虚血性心疾患の死亡数は年間約6,800人、そのうち職場での受動喫煙が原因とみられるのは約3,600人

と言われています。(独立行政法人国立がんセンター:平成22年度厚生労働省科学研究費補助金「今後のたばこ対策の推進に関する研究」望月友美子)

これはガチでやばい。

さらに、副流煙(タバコの先っぽから出てる煙)の方が、主流煙(喫煙者が自分で吸い込む煙)より、有害物質が多く含まれているという驚愕の事実。
ニコチンに関しては倍以上、タールも3倍以上、一酸化炭素に限って言えば、およそ5倍も多く含まれているそうです。

ただこのニコチンが倍以上含まれているのだとすれば、定期的に受動喫煙している人は、ニコチン中毒にならないんですかね?
誰か知ってたら教えてください。

アイコスでも受動喫煙ってするの?

最近流行りのアイコス
ちゃんと吸った感があるのに、体への害も少なく、さらに副流煙も出ないという優れものです。

これはあくまで私の実体験ですが、喫煙所などでアイコスを吸っている人の側にいますと、圧倒的に副流煙も匂いもタバコと比較して少ないです。これは間違いないです。「この人、本当に吸ってんのかな?」と疑問に思うくらいです。

実際にアイコスは、タバコの有害物質であるタールを、9割以上削減しているようです。

だが、しかし

完全なる無臭ではありません。
やはり近くで注意深く匂いを嗅ぐとやはり匂います。

タールを9割カットしたとはいえ、やはりタバコであることには変わりないので、小さい子や妊婦さんの近くでは吸わないようにしたいですね。まぁ喫煙所で吸えば問題ないと思います。

勝手にランキング!受動喫煙しやすい場所

これは本当に私の独断で決めてます。受動喫煙しやすい場所です。
トップ5まで載せてます。「当たり前じゃん!」と言われそうなランキングですが、ランキングにしてみると意外と普段、自分が受動喫煙していることに気づきました。

第5位:キャバクラ

これは意外と店の中にいるときは気づかないんですよね。酔ってますからね。
僕が行く店が、喫煙席しかない店なんですかね?そこまで頻繁に行かないのでわかりません。

まぁ副流煙がうんたらかんたら言ってる人は行かない方がいいですね。
ただ、店外に出て、家について服の匂いを嗅ぐとものすごくタバコくさいと感じたのを覚えてます。
第5位といたします。

第4位:喫煙者が多数いる時のパチンコ屋

これは間違い無く副流煙だらけです。
隣の台でパチンコを打っている人が喫煙者の場合は、もう副流煙を吸いに言ってるようなもんです。

一番最悪なのは、左右の台でパチンコをしている人が喫煙者のパターンです。
これはきついです。多分、自分でタバコを吸っているより有害な可能性があります。
いまは、禁煙スペースのあるパチンコ屋もあるみたいですから、禁煙中のかたは、そっちに行った方がいいと思います。

第3位:屋外の喫煙スペース

屋外といえど、やはり喫煙者が多数いるときにモクモク感はすごいです。特に都心の喫煙スペースですね。渋谷とか新宿とか。
屋外なだけ、若干ましかもしれませんが、それでも、副流煙だらけなのは間違いないです。
これだけタバコを吸う場所が規制されている世の中ですから、みんな全力で吸ってますよね。
上の方だけ見たら、もはやボヤですよ。

第4位:レストランの喫煙席(満席時)

自分の席の人も吸い出して、席の近くの他のお客さんも吸い出した時のモクモク感は、かなり強烈ですよね。

自分が喫煙者で、みずから喫煙席を選んだパターンならまだ救えますが、
誰かと食事に行って、仕方なく喫煙席に座った時は、さいっあくでしょうね。

食事と一緒に副流煙を食ってるみたいな感じでしょうね。
だれかと食事に行くときは、その人がタバコを吸う人か吸わない人か聞いてから、席を決めましょう。

第1位:個室タイプの喫煙スペース

私は副流煙部屋と呼んでいます。
室内の広さと、中にいる人数によっても、副流煙の濃度は変動しますが、混雑時の喫煙スペースはえぐいですよ。
タバコを口から離した時も、副流煙が体内に入ってきてますからね。できることなら、空いている時に利用しましょう。
結局、タバコを吸うから本末転倒ですが 笑

まとめ

みなさん、いかがでしたか?
禁煙中の方も喫煙中の方も、副流煙には注意しましょう。
そして喫煙中のかたは、自分の吐き出している煙は有害なんだと自覚した上で、タバコを吸ってくださいね。

それれはよい禁煙ライフを!

 - 禁煙雑学 , ,