禁煙の向こう側

禁煙に関する有益な情報、実体験をあなたにお届け!

*

あなたも禁煙したくなる!77日間の禁煙で学んだ「禁煙の圧倒的メリット9個」

   

このブログで書いている通り、私は77日間の禁煙を経験しました。
その77日間の禁煙体験の中で、多くの禁煙によるメリットを感じました。

この記事では禁煙で感じた多くのメリットの中から9個のメリットを厳選して紹介します。
あくまで私の実体験のため、ここに記載しているもの以外に、あなたが感じたメリットがありましたら、ぜひコメントで教えてください。

禁煙の苦しみは相当なものですが、禁煙がもたらすメリットは凄まじいものがあります。

喫煙さえしなければ、禁煙による苦しみを味わうことはありません。
しかし喫煙したからこそ、タバコの美味さも、そしてタバコを吸わないことの素晴らしさも理解できるんですよね。

これから禁煙しようと考えている方、また現在禁煙中の方も、この記事を読んで一緒に頑張りましょう!

禁煙の圧倒的メリット9個

味覚が正常に!確実に飯がうまくなる

禁煙をして2〜3日すると、明らかに食欲が増します。
味覚が正常にもどるため、ご飯が美味しく感じ、食欲が進みます。

白いご飯ってこんなに美味しかったんだ
と気づきました。

チョコレートとか甘いものも、喫煙しているときは、そんなに好んで食べませんでしたが、禁煙中は、結構な頻度で食べてましたね。

とにかく食欲が出るんですよね。
朝、昼、晩と時間問わず、食欲が湧いてきます。

さらにタバコを吸わないから、栄養の吸収が妨げられることがないため、太るんですよね。

この太るというのは、デメリットに感じる人もいるかもしれません。
ただこの禁煙した状態で、ご飯を美味しく食べて、運動や食事量などをコントロールするのが本来の健康な状態なんですよね。
太るから喫煙するというのは本末転倒です。

禁煙して、食べ物を今よりも美味しく感じよう!
で、太ったら運動しよう!
もしくは量を減らそう!

って偉そうなこと言ってますが、それが難しいんですよね 笑

喫煙欲求がなくなり集中力が継続する!

この集中力の継続については、私の経験上、大体禁煙して2週間くらい経ってから実感できます。

禁煙が辛いのは、最初の3日間だと思います。
事実、禁煙後48時間〜72時間はニコチンが体内に残っています。

3日間以上経過しニコチンが体から抜け切った後も、タバコを吸いたい欲求はまだ出てきますが
最初の3日間よりは大分、頻度も強さも落ち着きます。

その後、1週間、10日と禁煙を継続すると更に喫煙欲求が減少してきます。
酒の席とか、特殊な例を除いて、基本的は喫煙欲求は減少します。
これまで1時間おきくらいに湧き出てきた喫煙欲求が出てこなくなります。

これは自分でも驚きました。

集中力を継続させたい。
タバコに心を惑わされたくない。

という方は、まずは10日間乗り切ってみてください。
あの「タバコ吸いてー」という感覚が自分の中から薄れていき、集中力が継続しているのを感じることができると思います。

タバコを吸っていた分の時間が増える!

これは禁煙して1ヶ月の記事でも投稿しましたが、明らかに時間が増えます。

単純計算で、1日1箱吸っている人でしたら
1本あたり5分に換算すると、5分 × 20本で100分ですよね。

100分あれば結構いろんなことができます。
移動時間に例えると東京からであれば、山梨とか静岡くらいまでなら電車でいけてしまいます。
それくらいの時間を毎日タバコに費やしているんですね。

あとはタバコを吸っている時というのは、どこかに出かけた時にまず喫煙場所を探します
駅から降りた時、パーキングエリアで、ショッピングに行った時、宿泊先のホテルで、食事に行った時、必ず喫煙場所を探してますよね。
その時間も非常に無駄だと思います。
禁煙中はその無駄な悩みからも解放されることができ、時間が増えたことを実感できます。

心肺機能の回復!ランニングをすればその差は歴然

これは中々その差が分からなかったのですが、あることをきっかけに、はっきりとその差が分かりました。
それは激しい運動をしたときです。

ゆっくりとしたランニングなどですと、正直なところ喫煙時代と禁煙をしている時とでの心肺機能の差が分かりませんでした。

しかし、喫煙時代に通勤時に遅刻しそうだったため、30秒ほど全力疾走したところ、息苦しくなり強烈な吐き気が襲ってきました。

禁煙しているときも、同じシチエーションがあったため全力で走りましたが、そこまで息苦しくはなりませんでした。

やはりタバコの肺に与えるダメージは絶大です。

禁煙して、本来の心肺機能を取り戻しましょう。

喫煙直後の口臭の心配がなくなる!

喫煙者の口臭の強烈さについては、こちらの記事でも紹介しています。

喫煙している本人は気づかないのですが、タバコを吸った後の口臭は、凄まじいものがあります。

コーヒーを飲みながらタバコを吸ったあと、誰かと会話をしてみてください。
相手との関係値にもよりますが、大抵の人が「この人、口臭!」と心の中で叫び、表情に少しだけでることでしょう。

口臭は損以外の何物でもありません。
ましてや対策できるのでしたら、今すぐ対策すべきだと思います。

睡眠のリズムが正常に!これが本来の睡眠だったのか!

喫煙時代は、なかなか夜寝つけませんでした。
それもそのはず、ニコチンにはリラックス作用がありますが、同時に脳内を覚醒させるアドレナリンも生み出してしまうんです。

私は眠る前に、タバコを吸って、布団に入るというルーティンだったのですが、大抵布団に入ってから1時間から1時間半は寝れませんでした。
ひどいときは、朝型、鳥の声が聞こえてきて、外がうっすらと明るくなるまで眠れないこともありました。
不眠の原因はタバコでした。
当然、朝起きたときは寝ぼけています。悪循環ですよね。

逆に禁煙をしていた時期は、勝手に夜になると眠くなるんです。
そして朝の目覚めも爽やかです。タバコを吸っていた時期と比較すると、明らかに朝起きた時の体の怠さが違います。

私と同じように、夜眠る前にタバコを吸っている方は、夜眠る前のタバコは控えることをオススメします。
急に禁煙するのは難しいかもしれませんが、夜寝る前のタバコは我慢してみてください。
寝付きの良さと、朝起きた時の、体の怠さの違いを感じていただけると思います。

肌荒れが明らかに減り、綺麗な肌が蘇る!

私はニキビにも悩まされてきました。
気づけばすぐに鼻の頭や、頬、おでこ、胸などにニキビができていました。

これもタバコをやめて、1ヶ月ほどすると明らかにニキビができる頻度が減りました。
むしろほぼできなくなったと言っても過言ではないでしょう。

この肌荒れがしなくなるというのは、実感するのには禁煙して1ヶ月ほどかかりましたが
明らかにニキビができづらくなり、肌の油分が減少したことを覚えています。

プラシーボ効果かなとも思ったのですが、調べてみると実際にタバコは、肌に良くないみたいです。
やはり私が禁煙して1ヶ月で感じた肌荒れしなくなるというのは根拠があったようです。

タバコに含まれているニコチンやタールには血管を縮めてしまいます。タバコを吸うと当然、体全体の血流が悪くなります。
そうすると肌細胞に本来届くはずだった栄養が行き渡りません。これらが原因となって肌荒れが起きていたのです。

確かに久しぶりにタバコを吸うと、血管が縮まる気がしますよね。
ヤニクラもこれが原因ですね。

タバコを辞めて、血行を良くして肌も綺麗にしましょう。

抜け毛のリスクが減少!将来のリスクヘッジに!

先に記載した通り、タバコは血流を悪くします。
血行が悪くなると体温も下がります。
血行が悪くなり、体温も下がると当然、抜け毛の原因となります。

血流が悪くなると、当然髪の毛にも栄養がいきづらくなります。

栄養が髪の毛に行かなくなると、髪の毛のコシがなくなり、髪の毛が抜けてしまいます。
まさに悪循環です。

タバコで故意に血流を悪くして、髪の毛を減らすなんて馬鹿らしいですよね。

タバコを辞めて、明らかに抜け毛の量が減ったのを感じました。

お金が貯まる!1年経てば、海外旅行に行ける!

タバコ一箱を410円で計算して、1日に1箱吸う人は1ヶ月で、およそ13,000円使っています。
1年に換算すると、15万円ほどになります。
3年に換算すると、45万円ほどになります。

つまり禁煙を3年継続し、その分を貯金に回せば、45万円貯まることになります。

45万円あれば、何ができますか?

  • 海外旅行もいけます。
  • 中古車も買えます。
  • PS4を10台購入できます。
  • おいしいものが食べれます。
  • そして、健康体になります。

さらにタバコを止めることで、付随品の購入も減ることになります。
100円ライターの購入や、ガム、コーヒーなどなど。

健康体になって、金も貯める。
メリットしかない気がします。
禁煙はチャレンジする価値があるものだと思います。

まとめ

禁煙がもたらすメリットを書き連ねましたが、どうでしたか?

私も分かっています。
禁煙にはメリットしかないことを

しかし、それでも難しいのが禁煙なんです。
ニコチン中毒者の方は分かってくれると思いますが、どれだけのメリットがあるか自覚していても辞めるのが難しいんですよね。

私の知人では、死ぬまでタバコを辞めないと決意しているツワモノがいます。
どれだけタバコが健康に害を及ぼすものか自覚してても、辞めるつもりはないと言い切っています。
「100万円あげるって言われたらどうする?」と聞いても、即答で「辞めない!」と言い放ちます。

それだけタバコには魅力があるということでしょう。

しかし負けないでください。

そして禁煙を成功した先に、何が待っているのか私に聞かせてください。

一緒にがんばりましょう。

 - 禁煙雑学